エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

経営・承継のトラブル

税務調査のせいで、肋骨を骨折??

更新日:

今回は事業承継の話ではありませんが、対象世代の税理士に注意を換気する内容です。

税務調査を受け、その対応に骨は折っても、5本の肋骨にヒビが入ることはもちろんない。

肋骨を折った経緯は、こうだ。

事務所に税務調査が入り、数日間綿密にチェックが入り、その結果は全て是認。

だが、所長の個人資産の状況に目を転じた調査官から、財産明細書の提出を要求された。

所長さん、おっとり刀で財産の現状を把握するべく、預金残高を記帳しに銀行に赴いた。

たまたま小雨が降っていたので傘を差して歩いていた時、突然自転車がぶつかってきた。

その勢いで、体は右側を下に道路に叩きつけられ、気が付いたときには救急車の中に。

自転車は夕闇の中坂道を下ってきたのだが、スマホを見ながら若い女性が運転。

雨が降っていたため、ぶつかった後に助け起こされた際には、滑ってしまったと話した。

意識を失っていた先生は、その女性がそのまま逃げて行ったため、怒ることもできず。

病院で調べたら、右側の肋骨5本にヒビが入り、呼吸するのも痛み、寝るのも一苦労。

謝罪の一言くらいあってもいいはずだし、治療費なども請求したいところ。

警察官からも逃げた女性を訴えるかと訊かれたが、損害賠償も面倒だと、泣き寝入り。

税務調査がなければ銀行に行かずにすみ、自転車にぶつかれることもなかったはず。

 

まとめ

そういうわけかどうかは分からないが、所長自身の疑いもなくなり、税務調査は終了。

でも、スマホしながら自転車を運転し、人に大ケガをさせた若い女性は許されない。

 

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-経営・承継のトラブル

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2019 All Rights Reserved.