エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

「経営・承継のトラブル」 一覧

会計法人と税理士法人の関係は?

税理士が会計法人を設立し、自らが代表取締役になり、節税を図る。この手法が一時代を謳歌したが、今や偽税理士または名義貸しになるとの指摘もある。 と言うのも、税理士が社長の会計法人の職員は税務業務ができな ...

法人税に合格していない大学院修了では、親の事務所は継げません。

14日には税理士試験結果が発表され、悲喜こもごもの風景が展開されるだろうことは、想像に固くない。 そんななかで、若い二世税理士が親の跡は継がないと宣言し、説得する両親を逆に説得してしまった話。 二世は ...

職員が辞める、なぜだと調べてみると、所長税理士のでたらめが、、、

今から10年ほど前に、売上8000万円の事務所の承継を仲介しましたが、所長の態度に唖然としました。 承継交渉中に、中堅の職員2名が近々辞めるが、担当先は後任に引き継いるので全く問題ないと所長が言う。 ...

素人もどきの仲介業者が現れるようになった税理士の事業承継

弊支援室に相談された税理士から、ある業者の話を訊いたところ、対価は年商の30%だと言われたと言う。 信じがたい数字だったので、税理士の仲介実績を聞くと、メインはなく何でも屋で、税界は実績なし。 当てず ...

顧問先は職員任せにし、所長は経営に専念の事務所は引き継ぎやすい!

所長は万が一の事があれば、もちろん現場に出て、陣頭指揮を取るが、日常の業務は職員が″主役″。 しかし、実務は一切行わない所長は数から言えば、圧倒的に少なく、規模的には大きな事務所の経営者。 ただし、基 ...

先輩のOB税理士の事務所に勤務、その人が事業承継の障害に!

定年を迎えた国税職員には数年前から、一般企業で嘱託にあたる、再任用というシステムの対象とされた。 退官後、顧問先斡旋が禁じられ、税理士開業が厳しくなったことも、この制度の起因でもあるようだ。 昔は元税 ...

やっぱり、家族従業員の存在が高齢の税理士の引退を引き伸ばす!

税理士家業は死ぬまで出来る、だから歳を取ってもやめる必要はない。と言っても、″実務年齢″は別。 高齢を理由に、職員を解雇し事務所を閉鎖する税理士は多いが、全員が資格を返上するわけではない。 事務所を自 ...

税理士が死去。遺族が会計法人を経営する例がよく見られるが、、、

30数年前に税理士の節税策として、会計法人を設立し、家族を役員に据えることが流行った。 ここ数年は、この会計法人に税務署の目が光るようになり、名義貸しで処分される税理士も出ている。 会計ソフトの入力の ...

会計事務所の経営から退いた旧所長が、、、

事業承継によって、経営者の立場から一歩退くことになる。 とはいうものの、事務所に残って顧問先とのパイプ役を果たす例は多い。 対外的には、会長とか顧問あるいは相談役などの肩書になるのだが、事務所内では前 ...

退職した職員が会計法人を作り、高齢の税理士に名義借り?!

ある地方都市で、約30年事務所を経営していた60代後半の税理士さん、脳梗塞を患い、事業承継を決意。 その決意を事務所で番頭役を務める40代の職員に告げると、他の職員とともに辞めるつもりだと言う。 所長 ...

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2019 All Rights Reserved.