エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

勤務税理士の退職理由?

投稿日:

給料が安いし、仕事を任せてもらえない。もっと、技量を磨きたいので、さらに上の組織を目指す。

資産税をやりたいので、相続に特化したの税理士事務所に行きたい。

などなど、勤務税理士の退職理由には様々です。

経営者からは、辞める段になると「期待していたのに…」といった声が漏れ、聞こえてきます。

本当にそうでしょうか?送る言葉として、聞く方は悪い気はしませんが、「なにをいまさら…」。

ここ数年、税理士法人も増加をしていますし、それも地縁血縁のない他人同士による組織が目立ちます。

平成14年に誕生したこの税理士法人制度も、第一期の経営者の中からバトンタッチをするケースも出ています。

そんな中で、サラリーマン同様、見えない出世争いが展開され、敗れたものが独立していくという形も。

サラリーマンと違って、資格を持ち、力のある税理士たちは、出世争いに敗れても、独立という道があります。

資産税などに特化した税理士であれば、スポットで勝負してきただけに、金融機関などにも名前が通っています。

その実力のほども、組織にいる時にそれなりの評価をされていますので、独立もしやすくなっています。

しかも、税理士であればだれでもできるという仕事ではないので、力が合えば、組織で動くこともありません。

とはいうものの、通常の法人を相手にするビジネスとは異なり、ある程度組織的動くことも要求されます。

ですから、独立をするときには、組織の部門ごと抜けてしまうということが出てきます。

税理士法人という組織にとっては、大変なことですが、業務的にみると、宿命的なものがあります。

やはりスーパーマンが出てくると、組織の中で安住することはできなくなります。

同時に組織として後継”社長”に指名されない場合には、外に新しい組織を作るしかなくなってきます。

税理士業界にも、このような流れが出てきたわけです。

こんな流れが次々に起こり、それが合従連衡へと流れて行くような気もします。

もちろん、資産税などに特化した税理士・税理士法人のみならず、普通の税理士・税理士法人も同じ。

そう5年後には、経済の流れも大幅に変わっているでしょうし、超大型税理士法人もきっとできているでしょう。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.