エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

将来は事業承継するが、今は業務提携してリスクを減らしたい!

更新日:

税理士一人で長年事務所を切り盛りしてきたが、年齢と共に複雑な案件に手こずるようになってきた。
さらに、事業承継税制などの新規の税法へのアプローチも面倒くさいと考え、活動範囲を狭めている。
しかも、成長過程にある顧問先からの難問が投げられ、それを解決できないと、顧問契約も危うくなる。
また、大規模な相続案件が持ち込まれた際にリスクを省みずに、対応することも躊躇するようになった。
信頼を勝ち得ているからこそ、家族の秘密が開陳される顧問先の相続の間違いなき処理は、絶対条件。
でも、案件が持ちまれる度に、専門家に任せるようになり、ただ、ただリスク回避に走るようになった。
そんなことを考えると、早く事務所を畳まなければとも考えるが、自分が辞めたら顧客を放り出すことに。
それだけは避けたいので、これから数年間は、法人のサポートが受けられる業務提携を期待したい。
やはり、きっぱりと腹を決めて、事務所を渡すのが筋だろうが、わがままを言うようだが、助けてほしい。
数年後には、事業を承継することを条件に、提携してもらえる相手を是非探したい。
誠に正直な某所長の要請に、支援室では過去の事例を説明し、アドバイザリー契約を結び、活動を開始。
具体的な条件を互に持ち寄り、妥協できる所から実務を開始し、問題点を一つずつ解消。
その上で、ある大規模な相続案件を協力して処理し、互いの力量も確認し、信頼関係を樹立した。
こうなれば、所長が実務から離れられる日も近づこうというもの、それでももう暫くは提携関係を継続。
でも、病に倒れるような事態が起きれば、直ちに提携法人が実務を交代し、顧客には迷惑はかけない。
支援室では、この成功例を元に、引退するまでの一定期間、業務提携をアピールしていくことに決定した。
事業承継・M&A支援室長大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2019 All Rights Reserved.