エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

そう言えば、今年も家族が集まる季節になりましたね。

投稿日:

サラリーマンは自分で辞めるというより、定年で辞めさせられる。

定年前に辞めて、割り増し退職金をもらう事もあるが、これはマレ。

大企業などで事業規模を縮小する際、希望退職者を募る条件のひとつ。

最近はこの種のニュースで言えば、台湾企業に買収されたシャープかも。

税理士業界では、この手の話は聞いたことがない。

所長が事務所を閉鎖する時でも、退職金の割り増しといった話も聞かない。

そもそも、退職金制度を用意していない事務所も多い。

退職金を出したくても、積立てをしていない先生も少なくない。

そんな先生が、事業承継を考えるとき、やはり家族の話を聞く。

というより、最終判断を下す際、背中をしてもらう機会かもしれない。

孫たちも夏休みになり、子達も親の実家に戻ってくるこのシーズン。

日頃から奥さんには、事務所を閉め決意を語り、子供たちにも同意を求める。

そこで、サラリーマンの子供たちは、職員の事なども訊ねることになる。

当然、そこで退職金の話も出るであろうし、渡す相手の事も話題に。

この時点で、承継する事務所の具体的な名前が出ることは、少ない。

しっかりした事務所であれば、子達は賛成するし、辞めるなは言わない。

ただし、仕事を辞めてしまったら、ボケないかといった不安が残る。

先生にしてみれば、ボケないうちに仕事を辞めるという選択をする。

どちらが先かという話ではなく、専門家としての責任感だろう。

日頃から的確な判断を下す業務だけに、ボケることには我慢がならない。

こんな考え方の先生であれば、子達も当然辞めることに同意するだろう。

沿うと決まれば、先生の動きも早くなる。

そう、旧盆開けには、毎年相談が飛び込んでくる事になります。

お子さんたちの思いも考えながら、仲介業務に全力を傾けます。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.