エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

事業承継の決断、時々現れる意外な援軍!それは?!

投稿日:

数十年培ってきた顧問先との信頼関係を断ち切るのは辛い。

しかも、起業時代から、融資などの手続きなども積極的に面倒もみた。

そんな顧問先も社会的認知も深まり、磐石の経営体質を築き上げた。

創業者も顧問税理士と同様齢を重ね、二代目経営者にバトンタッチ。

二代目は創業者の背中を見ながら、経営者への道を歩いてきた。

その歩みのなかで、会社の財務事情などの指導を顧問税理士に仰いだ。

もっとも、これも創業者との信頼関係があったからこそ。

そんな税理士も自らの事業承継を考えた時、相談者がいないことに気づく。

顧問先のバトンタッチに協力してきた税理士には、後継者がいない。

一般企業であれば経営者になれる資格は、具体的な条件は何も要らない。

これに対して税理士業務は、国家試験に受かる必要がある。

これが難しい。大学院で会計と法務の専修し、試験免除の道もある。

しかし、いずれの学科もそれぞれ1科目は試験をクリアし、合格が条件。

息子さんに試験を受けるように勧めても、父親の仕事を継ぐ気がない。

死ぬまで税理士を続けると宣言しても、お客が付いて来ないこともある。

こんな税理士の背中を押すのは、実は奥さんがもっとも多い。

奥さんが事業承継に積極的であれば、仲介業務もスムーズに進む。

承継候補者が決まり、両者面談となるが、ここに奥さんが再登場する。

当然、事前に奥さんが"了承"していることは確認済み。

候補者にしてみれば、税理士の奥さんが出てくれば、その本気度も分かる。

先生に条件提示をするというより、ご家族に認められるよう頑張る。

引き渡す先生にして見ると、出身地や学校なども判断材料のひとつとなる。

最近の事例では、引き渡す先生と引き受ける先生の出身高校が一緒だった。

年齢的には10歳以上先生が年上だけに、先生の気分は良い。

もっと強烈だったのが、引き渡す先生の奥さんと候補者が同じ高校出身。

こちらも奥さんの方が10歳以上年上だが、候補者の印象はグッド。

引き受ける先生として、"先輩"が決断を後押しする形が見える。

こちらも見事、奥さんが強力な援軍となり、事業承継は即断で決まった。

都会地の先生の多くが地方出身者だから、同じ高校出身者は大歓迎!

そう、引き渡す先生の奥さんが面談に出席されれば、意外な援軍に!

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.