エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

事業承継の引き継ぎ後、静かに退場した旧所長婦人からの礼状。

投稿日:

数年前、ある地方の税理士さんが病に倒れ、事業承継を決意された。

交渉役に立ったのが、専従者になっていた所長婦人。

毎日午前中は事務所の仕事をチェックし、午後は所長の入院先に。

所長が倒れるまでは、総務を担当する程度では、実務の管理経験は無し。

そんな状況で、事業承継の交渉役という大役に戸惑うことに。

仲介役の支援室のメンバーが、その経験をもとに熱心に゛指導゛。

交渉が進むなかで、所長の判断が必要になるが、面談が許されない。

はたして、奥さんが交渉内容を正確に伝えられているのか?

そんな不安のなかで、引き受け手の要求も厳しくなっていく。

事務所の実情が正確に掴めない受け手は、推測のみで条件提示。

売上に対してはかなり低い評価に、奥さんも気が気でない。

その内容を所長に話したというのだが、具体的な判断は示さない。

所長は、お客さんと職員が路頭に迷わなければ、それで良いと言う。

奥さんも業務が分からないので、引き受け手の条件は判断できず。

そこで、支援室で両者の条件や気持ちを擦り合わせ、評価を出した。

具体的な内容は省略するが、双方に提示した内容を納得。

この間、かかった期間は2か月余り。所長夫人は毎日病院に行かれた。

所長の看護から家に帰るのは、毎晩10時過ぎ。きつい毎日だったはず。

それにも負けず、交渉に心強く対応し、見事な交渉役を果たす。

当方も、これには頭が下がる思いだった。

引き継ぎがほぼ終わる頃に、支援室に奥さんから一通の手紙が届いた。

その内容は、支援室の丁寧な対応と公正な判断への礼だった。

当方としては、当然のことをしたまでだが、礼状は嬉しい限り。

今後も中立・公正な判断を戒める手紙として、改めて確認した次第。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.