エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

本当に事業を上手く引き継げるのだろうか?

投稿日:

数十年かけて作り上げた税理士事務所だが、後継者がいない。

自分の息子・娘は、他の仕事に就き、税理士には見向きもしない。

事務所の職員の中には、試験に合格し、独立していった者もいた。

自分が中年で血気盛んなころには、彼らが独立することを大いに薦めた。

自分の事務所に二人も税理士はいらない。

職員が自分以外の勤務税理士に相談し、その方が正解だったなんて考えたくもない。

トップに立つ自分がお山に大将で、それを脅かす人はいらないし、排除する。

そんなことが数十年、後ろを振り返ると、職員も高齢化し、コストパフォーマンスは最悪。

そこで、事業承継を考え、最適といわれる人を紹介されたのだが、不安は募る。

自分は一日中顧問先のことを考え、平日は夜も酒も飲まずに待機した。

お客さんがいつ何時、どんな相談を持ってくる分からないし、酔っぱらっていたでは信用にもかかわる。

今は時代は変わったというのだが、自分の心構えは変わらず、ここ数十年同じ対応。

そんな自分の事務所を他人に渡すわけだが、その人の生まれ育ちも十分には分からない。

今となっては、試験に合格した職員で、貴のいい若者を育てておけばよかったと思うのだが。

しかし、現実はまるで違う。自分の手法をそのまま受け継いでくれるのかどうか。

お客さんには、自分と同じように時間を問わず対応できるのだろうか。

そんな無理なことは言うべきでないと妻から言われるが、心配でしょうがない。

そんなこんなを考えると、不安だけが倍増し、引き渡すこともできなくなりそう。

そう、腹を決めるしかありません。

所詮、別人格の他人が承継するわけですから、同じことができるわけありません。

任せたら、あとは一切ノーコメント。任せましょう。

上手くできるかどうか、優先することはお客さんに十分なサービスが提供できるかどうかです。

覚悟はできているはずです。

そのためにもそれなりの金銭を使ったわけですから、失敗は許されません。

ご安心ください。たぶん、先生も同じようにみられていたハズです。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.