エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

会計事務所オーナーの取り組むべき問題は?

投稿日:

税理士事務所は経営規模からすると、中小零細企業でしょう。

そのオーナーが一番気にかけなければいけないことは、はたして何?

それは、従業員の健康問題ではないでしょうか。

単純に、「風邪を引いたから今日は休みます」というのは、問題なし。

理由もなく、遅刻、さらに無断欠勤、これは多いに問題蟻ですね。

しかし、どうでしょう。

ドイツの格安航空機の副操縦士が、150人を道連れに゛自殺゛した。

健康診断で操縦は控えるべき、いや操縦はノーと宣告されていた副操縦士。

診断結果が雇用主にも知らされていたならば、今回の墜落はなかったはず。

確かに税理士事務所の担当者に、同じことをもとめるのは無理。

個人情報を重要視すると、慢性的な病状を報告させるのは難しくなっている。

採用に際して、健康問題を聞く程度だが、その後は注意不足で未把握。

独り住まいだと、病気になって連絡ができないこともある。

それでも現在は電話ではなく、メールで連絡が入るのが常識。

これだと病状の把握は難しくなり、最悪の事態があっても把握するのは遅れる。

過去の風邪で休みが続いていた職員が死亡していた事例もある。

その時には病状を把握し、病院などに連れていくべきだったとの反省も。

しかし、その判断も遅きに失し、後悔だけが残った。

それだけに所長の職員管理も徹底しなければならないわけ。

新入社員を迎えた事務所もあるだろうが、職員の労働環境も経営の要点になる。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.