エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

事務所内で職員が孤立、さて所長はどう対応するのか?

投稿日:

税理士事務所の命令系統は、ほとんどが文鎮型。

つまり、所長が職員個々に、指導及び顧客情報などの交換をする形。

通常の個人事務所の多くが職員5名程度までなので、所長も目が届く。

ところが職員が10人を超えると、所長独りで見ていくのは限界に近づくことになる。

そこで、昔から”番頭さん”と言われるような年長者が、職員の声を代弁するようになる。

そうは言っても、職員の処遇改善などを所長に進言するといったことは、ほぼない。

職員が抱えている業務の進捗具合を掴み、所長に報告するといったもの。

”番頭さん”も担当を抱え、他の職員の業務にはそれほど首を突っ込んではいられない。

こうなるとやはり所長自らが、職員全員を見守れなくなると、問題が起きてくる。

たとえば、業務が遅れがちな職員に、同僚が面倒を見るかと言えば、そこは疑問。

「任された仕事は自分でこなせよ」と面と向かって言うか、それはできない相談。

他人の仕事まで手が回らない現実に、他人のことまで世話はできないというのが実情。

そんな職員が独り孤立した場合、だれが面倒を見るのだろうか?

このような状態で事業承継の話が進むと、その職員は非常につらい立場になる。

引き受ける事務所が許容できる余裕の陣容を整えていれば、心配なしだが。

通常、引き受ける側も、それほど人的な余裕はない。

目いっぱいの陣容で業務を行っているのが、税理士事務所の常識だから、そこは大変。

引き渡す側はその段階で、事務所の改善などができない状態が普通。

それだけに、引き受ける側は、孤立した職員も受け入れられる余裕がほしいところ。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.