エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

本音と建前って、あるんですね。

投稿日:

「従業員のために事業承継を決意しました。良い相手を探してください」

と言っていたのは、傘寿を迎えた大ベテランの税理士。

ご本人は健康そのもので、会計事務所以外の会社も経営。

むしろ、会計事務所が副業とも思える活躍ぶり。

そんな事務所も職員の移動が激しく、顧客もここ数年は減少傾向に。

なかには、辞めていた職員が”持ち逃げ”した例もあるようだ。

自らも、会計業務より他業種が気に入り、会計業務は職員任せ。

それだけに職員への目が届きにくく、残った職員からも承継話が出ていた。

同じシステムを使っている事務所を希望されたので、最適と思われる事務所を紹介。

数回面談が行われたのだが、引き渡すという話がいつの間にか共同代表という話に。

というのも、代表者になっていなければ、顧客はついてこないと主張。

引き受ける側としては、承継するのに二人代表ではおかしいと反論。

実際には、これまでの事例から承継する先生の肩書はほとんど問題なし。

つまり、お客さんは担当の職員が残っていれば、ほとんどが離れないのが実態。

それでも自分が代表でなければならないと主張。

こうなるとまとまる話もまとまらない。

結果、数か月の交渉がここでストップ。

果たして、本当に事業承継して職員を安心させたかったのか?

本音はどこにあったのだろうか?税理士として同じ支部で数十年、そこから去りがたかったのか。

疑問は残されたままです。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.