エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

厳選ブログ

職員と相談すると、反対されるから相談しません!

更新日:

事業承継に関して、税理士さんにも全く反対の意見もあります。

つまり、一切職員とは相談しないというのです。

職員は現状を維持したい、しかも先生がうるさく言わない方がいい。

これまでのキャリアからすると、顧客管理は自分たちがやってきた。

だから、所長には最後の判をもらえれば、それで申告することもできる。

実際、これまでそのようにして、うまくやってきたではないか。

それなのに、事業承継で自分たちの意見を訊かないとはどういうことだ。

そんな発言があるのか、どうか、分からないが、ある所長は一切耳を貸さなかった。

というのも、自分が職員をしっかり教育し、一人前にしてきた。

もちろん、報酬もそれなりに出してきた自負があり、自分の引き際は自分で決める。

しかも、自分の信頼できる人を後継者にするのだから、きっとうまくやる。

そう判断したからこそ、職員の意見を訊かなくても、成功する自信がある。

経営者と従業員との壁は限りなく高い、それを乗り越えられる人材を選んだ。

資格ビジネスの辛さが、ここにも現存する。

資格がない職員は、当初から経営者の道は歩むことができない。

ゆえに、経営感覚も醸成されず、従業員の道を歩み続けることになる。

当然、途中下車する職員も多いこの業種だけに、組織的な動きはない。

職人としての道を歩み続ける人に、経営は無理だし、それを望まない。

中には、所長の判断に一切口を挟まないという職人も多くいる。

それだけに、所長はますます自己主張を強くし、職員には話をしない。

結果、事業承継も所長の独壇場、職員は最終判断を聞くのみとなる。

あと10年したらなくなる職業と言われる会計事務所、果たしてどうなるのか?

経理業務がAIにとってかわられる企業の経理マンと、同じ道をたどるのだろうか?

若い人が入ってこないのも無理がないことなのか。

そんな状況でも、所長はたった一人の判断で、ことを進めていく。

良いか、悪いか、神のみぞ知る!

事業承継・M&A支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-厳選ブログ

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2019 All Rights Reserved.