エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士事務所、譲り受けの要件、その13!!

投稿日:

「腹に落とす」という言葉があります。

何事に対処するにしても、腹が決まっていなければ、動くことはできません。

先輩税理士の事務所を譲り受けるべく、自ら腹を据えて対応しないと、承継は失敗します。

お金を出すんだから、こちらに言い分は通るはず、なんて考えていたら、足元をすくわれます。

「あの先生、本当にうちのお客さんの面倒を見てくれるのだろうか?」

「職員任せにして、ご自分は何もしないのではないだろうか?」

こんなふうに、顧問先を譲り渡そうとする税理士さんに、思わせたら、どうでしょう。

誰でもわかることなんですが、いざ自分の事となると、やはり安易な方に動いてしまいます。

「先生がそんなことを言っていましたか。私が先頭に立って、新しいお客さんの面倒を見るつもりですが、」

こんなことを言っても、もう譲り渡す先生の考えは変わりません。

「私としては、あの先生には納得できないので、申し訳ないが、他の先生を紹介してくれませんか?」

やはり、しっかりと見透かされています。この言葉が出たら、ジ・エンド。もう取り返しはできません。

最初からしっかり腹を決め、誠心誠意対応しませんと、必ずボロが出ます。

実はこの例は、これまでに90件以上の承継契約した中で、1件だけありました。

こちらも承継を希望する先生のチェックが甘かったのです。

ご自分でもお客さんを獲得する際に相当気を遣ったはずです。

でも、事業承継は、お金を払えばそれでいいだろうと、そんな気で対応されていたようです。

決して、そんなものではありません。

お金が欲しくて、事業承継を依頼するというケースは、”副業”で大失敗をし、二進も三進も行かないときだけ。

しかも、金融機関で資金繰りがつかない故の事業承継ですから、本当にレアケース。

お金のことは譲り受ける側は少しでも安く、という考えになりますが、譲り渡す側は違います。

ですから、承継希望の方は、しっかりと腹を据えて、2度目の創業を迎えるような気概で対応してください。

いつでも、承継できるから、次のタイミングを見て、なんて考えていると、案件は回ってきません。

どれだけ真剣かも、当支援室では見させていただいています。

極々初歩的なことですが、今回は最初の一歩の大切さを確認させてもらいました。

事業承継支援室長
大滝二三男

事業承継のご相談は無料です。お気軽にご連絡ください。
フリーダイヤル 0120800058 e-mail fumio-o@np-net.co.jp

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.