エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士事務所、譲り渡しの要件、その2!!

投稿日:

先輩税理士さんが、ある日、アポもなく、突然事務所を訪問されたそうです。

先輩税理士は年齢も一回りも上で、開業時にはいろいろと教えをいただいた大先輩でした。

そんな先輩が予告もなく、現れたものですから、何を話してよいのやら、思案していたそうです。

話し始めた老先生は、ご自身は肺がんで、余命1年と宣告された。

事務所の後継者もいないので、事務所を承継してもらいたいという希望を語られた。

これに対して、即答はしなったが、その後数か月経っても、承継話は一切言って来なかった。

ところが、先輩が事務所を訪ねてこられてから1年を結果しようかといった時に、その奥さんが来られた。

その際、先生がガンで1月ほど前に死亡したことが告げられた。

さらに、生前、自分が死んだら、○○先生の所に行きなさい。約束したあるから心配するなと言われたという。

はてさて、承継してほしいという話はあったが、約束は一切していないのだが、奥さんは話。

「主人の話では、事務所を承継してもらい、自分には毎月生活費として20万円もらえる、ということでした」

あまりにはっきりと奥さんが言われるので、否定することもできず、お客さんを預かった。

預かった顧問先の報酬総額は約1000万円。先輩は2000万円と言っていたが、すでに半分に減少。

先輩が病気療養中に顧問先が見切りをつけてしまっていたわけで、予想された通りになっていた。

しかし、奥さんの話では、奥さんが死亡するまで毎月20万円を支払うことを、自分が約束したことになっている。

当初はそれほど真剣に考えずに、毎月20万円を奥さんに支払っていた。

今なら、はっきりと契約書などを交わして、そのなりの金額を支払えば、契約完了となる。

しかし、それもしなかったので、支払いが始まってからいままでに10年間、支払総額は2400万円に。

承継した顧問先もすでにほとんどなく、承継としては大失敗。しかも、大幅に支払金額はオーバー。

先に亡くなった先生はあの世でご機嫌に違いないだろうが、指名された後輩はいい迷惑。

こんな例は嘘のような嘘のような話だが、事業承継話は先生がしっかりと最後まで決着をつけてもらいたい。

遺されたものは、事務所の内容をしっかり把握していることはほとんどないので、大迷惑となることも。

人のいい承継者なら、このブログの先生のように面倒を見てくれるが、こんな方はほんの一握りですよ。

事業承継支援室長
大滝二三男

事業承継の相談は無料です。お気軽にご連絡ください。
フリーダイヤル 0120800058 e-mail fumio-o@np-net.co.jp

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.