エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士事務所承継後、職員さんが辞めちゃうんですが、

投稿日:

「承継した事務所の職員が、みな辞めていった経験があるのですが、、、」

先日のセミナーでの質問です。

「職員さんたちも雇用したいのだが、辞められたら、お客さんも減ってしまうでしょう?」

確かに、お客さんの中には所長さんより、担当さんを頼りにしている人(会社)もいます。

その職員が職場を変われば、お客さんも一緒について行ってしまいます。

過去の例でも、承継後にお客さんと一緒に他に事務所に移った例もあります。

現在の経営環境では、どこの税理士事務所も、お客さんがのどから手が出るほど欲しい状況でしょう。

そこにお客さんとともに移る可能性のある職員がいる、という情報をつかめばどうでしょう。

「○○さん、うちに来ませんか?お客さんを連れて来れば、給料も考えるから」

なんて、誘惑する税理士さんも先生方の身近に必ずいます。

ですから、それを防ぐには日ごろから事務所の労働環境をしっかり把握し、対策を講じておく必要があります。

具体的には、給与等もそうでしょうし、職員に対する事務所としての評価をしっかりと知らせていることも必要。

働き甲斐のある職場で、職員の立ち位置が認識されていれば、そうそう辞めることはありません。

職員同士あるいは所長との相性などに問題があれば、働き出してすぐにも辞めていくでしょう。

事業承継のケースはこれは仕方のないことです。

前の所長に採用されて、その人柄に”惚れて”働いていた人もいるでしょうから。

でも、現状のような経済環境では、他の事務所にお客さんを連れて行っても、そうそう長続きはしないでしょう。

「みんな辞めて行ってしまうんですよね」という先生には、反省するべき点もあるような気もします。

確かに職員の出入りの激しい小規模事務所もありますが、これは経営体制に問題があるのは確かです。

自らの立ち位置をしっかり見直すべき所長さんもいらっしゃいます。

このような所長さんの事務所には、弊社としても案件をご紹介するわけにはいきません。

事業承継支援室長
大滝二三男

事業承継のご相談は無料です。お気軽にご相談ください。
フリーダイヤル 0120800058 e-mail fumio-o@np-net.co.jp

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.