エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

税理士さん、事業承継の年齢は?

投稿日:

支援室がこの6年間で扱った事業承継案件で、税理士さんの平均年齢を見てみました。

一番若い方は、37歳。他の事業に進みたいということで、業務の一部をを譲りました。

最年長者は、88歳で2名(現在は92歳と89歳)。税理士登録を辞めた今もお元気です。

一番多いのが、65歳から75歳。

65歳を前にご相談をいただき、65歳で事務所を閉鎖した先生の動機は、頭が回らなくなったというもの。

毎年のように変わる税法を間違いなく理解するために、改正税法の説明書を読んでもすぐに理解できなくなった。

これが事務所を譲る際の大きな理由。この先生は5年間、経営統合した法人に勤務し、70歳で引退。

そして、開業30,35,40周年を機会に事務所を譲るという税理士さんも多い。

先日も開業30周年を来年に控え、そろそろ引退したいという先生のご相談を受けました。

年齢も69歳で、区切りとしていいのではないだろうかというので、来年から事務所を引き継ぐことになりました。

この69歳という年齢も、古希を前に、孫たちの成長を楽しむ年齢になり、のんびりしたいという気が起きる年齢。

トータルでこの年齢で相談がもっと多いのが、現実。数えてみると、67,8歳を含め50件以上がこの年齢。

今の70歳は、昔の還暦(60歳)という説もあり、それを証明するのが、この年齢の相談件数かもしれない。

還暦と言えば、団塊の世代がすでにクリア。62、3歳で譲り渡した先生は全員元サラリーマン。実に5件を数えた。

最高年齢は92歳。事務所承継にトラブルがあったとのことで、2件が同じ年齢。

双方とも、実務はすでにの後継者候補が担当しており、その方とのトラブルでの、相談。

今も、地方の91歳の先生から、相談を受け、お相手を探しています。

70代では、なぜか、73歳が5件ほど。引き継ぎに時間がかかるということか、75歳で引退が、8件ある。

83歳という方も、4名いらっしゃいました。やはり、85歳という区切りをお考えのようでした。

50代後半で事務所を統合した先生は、ほとんどが病気がその理由。中には経済的な理由の方もいます。

さて、その平均年齢ですが、まさにバラバラ。これを出しても意味がないことが明らか。

税理士さんの腹が決まった時が、承継の時期であり、その年齢。

誰にもお話になれないことです。お考えがあればどうぞ、ご相談ください。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.