エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

人材不足は深刻、解決策は顧問先の契約解除?!

投稿日:

今やパート従業員は、正社員以上に貴重な戦力。

外回りの正社員が顧問先から資料を預かる。

その資料を″調理″するのが、パートさん。

子育て中の主婦が多く、勤務は平均5、6時間。 

子供を送り出した後に出勤し、下校に合わせて帰宅するのが、一般的。

同時に、収入が旦那さんの扶養家族となる範囲をオーバーしないようにパートを続ける。

こうなると、12月の繁忙期には、収入調整のためパートは休み、そのしわ寄せは当然、正社員に。

もちろん、子供が病気で学校を休めば、母親は看病のため、仕事は休むことになる。

中には、強烈な教育ママで、夏休みや冬休みには子供に付き添い、毎日予備校通い。

これが娘さんが小学五年生で、有名中学受験のための予備校だというから、ムッ、ムッ。

雇い主の税理士さんも、その母親が夏に1ヵ月休むと言われた時には、断ることはできなかった。

12月の冬休みも、正月3日以外は予備校通いとなるはず。今からパートの確保に頭を悩ます。

これは異例だが、このような子供を抱えたお母さんは、そもそもパートに出ていないだろう。

しかし、単純な打ち込み作業だけでなく、決算から申告書作成までできるとなると、そういない。

そう、そんな貴重な人材、しかもパートとなると、引く手あまただが、お金をかけてもアウト。

そこで、ある先生が出した結論は、効率の悪い顧問先はカット。他の先生を探すよう話す。

パートに支払う給与とリクルート費用を考えると、顧問契約を解除した方が経営効率は良い。

これが究極の解決策だ。そう言えば、顧問先が減ったら、従業員をカットすることがある。

順序は逆だが、人手不足はここまで来たかと、妙に納得させられた某先生の判断でした。

事業承継・M&A支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2021 All Rights Reserved.