エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

事業を引き渡したいんだが、来てくれますか、そんな電話が。

投稿日:

電話の主は、首都圏の60代後半の税理士。

職員が帰る夕方5時過ぎに来てもらいたいという。

約束の日、夕方5時5分頃に事務所のベルを押すと、先生がドアを開ける。

挨拶を終え、話し始めると、何と既に法人の顧問先を引き継ぎ済み。

引き渡したいとの話だったので、その相手を探しているはず。

そう思ったのはこちらの勝手、先生の思惑は違った。

相手をお探しですよねと訊くと、概ね支部長にお願いしましたとの回答。

何のために呼び出されたのだろう?

わざわざ来る必要があったのか?

何と顧問先のほとんどは引き継ぎ済みだが、まだ仕事を続けるという。

事務所経営とともに、親の仕事を引き継いでいるという。

そちらを辞辞めるつもりはないので、その経理をやらなければならない。

併せて、自分でなければダメだというお客がいるので、その経理も見る。

だから、税理士を辞めるつもりはない。

だったら、支援室に何を依頼されるのか、訊いた。

なんと、現在の職員2名は辞めるので、パートでも良いから職員がほしい。

自らでは探す宛がないので、サポート願いたいというのだ。

当支援室の仕事は、承継の相手を紹介すること。

実際その説明をしても、反応はさっぱり。

職員を紹介してほしいと言うのみ。

とんだ行き違いだが、電話段階で判断できたはず。

当支援室にはそんな相談はないはずと、思っていたのが最大の間違い。

今後は、こんな相談も多くなるのだろう。

相談体制もしっかりしないと、時間を無駄にすることになる。

今回は多いに反省した次第。でも、相談者は真剣でしたね。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.