エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

引き継ぎができたかどうか、それは誰の責任?

投稿日:

税理士事務所は、税理士の個人的な繋がりで顧客が維持できている。

事業承継で経営者が代わり、その結果、顧客が契約を破棄する。

しかし、契約をしていた税理士が残っている場合には、契約は継続。

そこで、引き継ぎ業務を何時の時点で評価するのか、問題になる。

というのも、譲り渡した税理士は、当初の数ヵ月は責任あると考える。

引き受け手の担当者が、期待したほど能力がないと、顧問先も??

引き継ぎがスムーズに行くと考えていた譲り手も、はたと迷う。

そこで、契約を破棄された場合、その責任は誰が負うのか?

過去数10年も契約していた顧問先が、おさらばした。

果たして自分の責任か、引き受け手にも責任があるはず思う。

こうなると、対価の最終決定にも影響が出てくる。

確かに、引き受け手の責任もあるが、それをどう反映するのか?

半々なのか、それとも7、3なのか、それを誰が判定するのか?

本当に難しい判断を、仲介業務を行う我々が責任をもって行う。

そうなんです、その責任を負うからこそ、コンサル手数料を手にする。

こんな日々を過ごしているんですね!

でも、これまでの例で争うような事例はありません。ありがたいことです。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.