エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

我が家に6年ぶり、赤ちゃんの鳴き声が響いています!

投稿日:

毎年暮れになると、娘夫婦一家がやって来ます。

今年も先週の土曜日の夜に、婿の運転するランドクルーザーで到着。

3か月前に誕生した次男坊は、我が家には初の顔見せです。

眼が見えるようになったこともあり、不審げに我々を見つめる。

そのうち、しきりに手や顔を動かし、何やら訴える素振り。

あやし始めると、最初は不思議そうにしていたが、まもなく泣き始めた。

どうやらお腹がすいていた様で、ミルクを飲むと、ご機嫌に!

思えば、6年前に長男坊が生まれた時は、娘もてんやわんや。

女房の指導もあったが、見ることやることすべてが初体験。

今回は女房も娘の指導で、お手伝い。変われば変わるもの。

赤ちゃんが大泣きした昨夜は、なんと私がだっこを30分以上続けた。

結果、赤ちゃんは泣き疲れたのか、ぐっすり寝入った。

その時思い出したのが、子供の育児のこと。

ほとんど思い出せないのだが、夜になって大泣きしたとき、

家のなかではいくらあやしても泣き止まないので、抱っこして外へ。

しばらくすると、何事もなかったようにぐっすり寝入ってしまった。

その事を40年ぶりに思い出させてくれたのが、生まれて3月の孫。

こんな経験をするなかで、孫の成長と共に自分の衰えを感じてしまう。

サラリーマンであれば、時間と共に仕事から解放されるのだが、

定年のない仕事に就いていると、孫との時間が引退を決めるのかも。

子供が一本立ちし、一家を構えるまでは、現役そのもの。

まだまだ若い者には負けんと、第一線で頑張り続ける。

そのうち、孫ができ、学校に行き、そして社会人になる。

もうその頃には後継者を決め、事業を譲るのも遅いくらい。

実際、事業承継の仕事をしていると、各ステージの税理士さんに会う。

人それぞれだが、概ね孫が学校を終わる頃には、そろそろ卒業。

ただ最近は、若者逹の結婚年齢が遅くなり、また未婚のままも多い。

こうなると、自分の引退時期を孫の成長ではなく、何で決める。

家族のことで、自分の仕事を考えないという人も、もちろんいる。

でも、やはり大きなウエートを感じているはずと思うが、いかに?

今回は孫の登場で、しかも年末、引退時期について考えさせられた次第。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.