エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

青色申告者の専従者給与、適正でしょうか?中には、、、

投稿日:

個人事業経営者にとって、奥さんの存在は公私ともに貴重な存在!

事業の職員として勤務し、生活を共にしていれば、お子さんも専従者。

家族がともに働く事業所は、経営者にとっても元気の出る職場。

働きの割には、給与も大盤振る舞いで、他人の職員はその事を知らない。

と言うより、職員にとって、専従者の給与はアンタッチャブル。

経営者も、その事実を職員に知られたくないし、知らせもしない。

同族会社で社長一族が役員を独占し、それ以外の職員には役員は高値の華。

会社であれば、取締役に家族がなっていることは、公開されてもいる。

しかし、個人の事業所では、役員などは公開されず、外からは見えない。

したがって、奥さんを始め、お子さんたちも専従者にしやすい。

家族従業員が専従者であることが分かるのは、青色決算書。

だから、その実際を知ることができるのは、税務署の所得税部門の担当者。

税理士事務所の調査は、先生の長い開業期間中で、あっても2度まで。

それも、専従者をチェックすることより、税理士自信が主力。

所長が職員の指導監督を的確に行っているか、非違行為はないか?

もちろん、顧問先の調査で、税理士の指導に問題があれば、この点を突く。

場合によっては、脱税幇助などの事実を把握し、最終的には処分となる。

これに対し、専従者のチェックはそこそこで終わる。

給与の是正を指導されたという話も聞いたことがないし、所長も頷く。

もちろん、実際に毎日事務所に出勤し、職員以上に働いている専従者も。

これまでの例で、千数百万円の給与を得ていた専従者がいた。

この奥さんの場合は、経営統合後の税理士法人でも、総務部長として大活躍。

職員の誰もが認める、事務所の屋台骨であり、給与も的確な金額だった。

というのも、この事務所の売り上げは3億円に近く、職員は12名。

一人当たる2千万円以上を売り上げている、超優秀な事務所。

職員にも数人が1千万円を超える給与を得ており、総務部長の給与は適正。

こんな専従者なら、税務署からお墨付きももらえるわけです。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.