エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

居場所が見つかれば、明日にも事業承継しますよ!

投稿日:

税理士事務所を経営して30数年、体も若いときと大違い。

まずは頭脳。毎年の税制改正事項は、解説書を読んでも頭に入らない。

もちろん、すべての納税者に適用される改正は、まあクリアする。

しかし、一部の企業などが使う租税特別措置法などは忘れがち。

消費税の改正には気を付けてはいるが、それこそ気が気でない。

利用している会計ソフトが゛監視゛するが、自分が知らなければ、アウト。

職員の質問を受けても、曖昧に返事をしていては、沽券にかかわる。

こんな感情に陥るのも、当然若いときにはなかったこと。

実際に若い後継者探しをするのだが、眼鏡に叶う候補者はそうそういない。

最近の業界では、税理士法人とのマッチングが多くなっていると聞く。

その場合、老体はどのような立場で仕事をするのだろうか?

自分のお客さんは、これまで同様全責任を負うのだろうか?

もしそうなら、事業承継にはならず、単なる合併で、負担は減らない。

もう責任からも解放されて、数件のお客さんの申告を担当するだけ。

それもややっこしいお客は、すぐにも後継者に渡したい。

のんびりしたいが、やっぱりボケない程度に、仕事は続けたい。

こんな話をされる税理士さんが実に多いのです。

生涯現役を標榜しているが、実際にはもう辞めたいというも本音。

同じ思いの先生、税理士会でも大活躍した先生が事業承継した。

あれから10年、今でも税理士法人の会長として、日々精勤!

実務はとうの昔に、若いものに渡し、今は古いお客の゛お守り役゛

この先生と同じように、気楽に対応できれば、事業承継も満点。

まさに生涯現役だが、その質は当然変えるべきものということか。

5月のセミナーでは、具体的な事例を紹介するので、是非出席を!

事業承継しても、先生の居場所は確保出来ますよ。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.