エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

自分達で後継者を選んでくれ!私は決まり次第、辞めるから!

投稿日:

税理士の辞め方には様々だが、先生が勝手にしろ、と言ったらどうします?

先日、事務所の職員から切実な相談がありました。

高齢の先生いわく、「確定申告もそろそろ終わるから、自分達で話し合え」

さらに、「顧問先も歳を気にしてるから、良い機会だ」と言うのだ。

先生あっての事務所、顧問先もすべて先生が営業したお客。

先生が辞めたら、お客さんも他に移ってしまうリスクもある。

そのリスクを、職員だけではカバーし切れないとの懸念も当然ある。

さらに、職員が先生の経営能力を調べることは、不可能に近い。

当然、先生に代わる税理士を探せなければ、事務所は閉鎖。

同時に職員は路頭に迷うことになるのだが、先生は勝手にしろと言う。

そこで、支援室に相談に訪れたのだが、最終決定は先生しかできない。

たとえ、支援室で税理士を紹介しても、税理士は職員とは契約できない。

老先生とお会いできないかと要請したが、会いたくないとの返事。

それでは職員との話を進めるが、それで老先生は了解されるのかと訊く。

なんと、その答えが帰ってこないのだ。

職員にその事情を訊いてみると、お子さんが出てきて「勝手に決めるな!」

「オイオイ!」だ、まさか先生の家族が出てくるのは考えていなかった。

職員も事務所経営には家族は一切関知していなかったのに、突然のご登場。

事務所の収益は゛相続財産゛に当たるから、自分達が交渉すると言うのだ。

職員に全てを任せたのは、老先生がボケたためで、職員と代わると宣言。

その結果、家族が自分達で後継となる税理士を探し始めたという。

自分達で探せば、仲介料などもかからないから、躍起になっている。

宣言後は職員たちに一切情報は入ってこない、その結果が返事なし。

支援室としては、家族が出てきた以上、職員との話はそこでストップ。

実際にこのような話はありますから、先生、どうか家族の了承をお願いします。

話が見えない状況では、職員は不安から事務所を移ってしまいます。

その結果、事務所の中身はスカスカになり、承継もできなくなります。

もっとも、老先生、家族が面倒なので、「勝手にしろ!」と宣言したのかも?

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.