エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

事務所の承継で先生の意識は、ここ数年確実に変わってきた!

投稿日:

お金のことは関係ない、承継してくれる先生がいれば良い?

そう先生がはっきり言っていたのだが、このところ変わってきた。

「そうだな、退職金相当額をもらっても良いかな!」

「年商の100%で引き受けるんじゃないの?」

さすがに「2、3年分はもらいたい」と言う先生は、真面目?

通常、事務所の経営効率も考えるから、答はマチマチになる。

譲り渡しを希望する先生は、金額をはっきりしないのが普通。

しかし、年商の5割などと言うと、「それなら考えます」と拒否の姿勢。

長年かけて作り上げた事務所の゛安売り゛はあり得ない。

そうなんです。仲介を依頼される先生は゛腹案゛を持っているんですね。

ただ、それを言うのは゛はしたない゛と考え、じっと我慢する。

ここが数年前と変わってきた重要な点です。

昔、ある政治家が言いました。「誠意とは、お金ですよ」

つまり、誠意を表すとは、お金の金額で判断するというわけだ。

確かに政治資金を多額に出す人は、誠意があることになる。

事業承継に当てはめれば、評価は金額で決まる。

あまりにも現実離れの金額を要求する先生は確かにいない。

しかし、評価が低すぎることで、話が進まないことはある。

もちろん、単純にお金だけで話がストップするわけではない。

その他の要素も絡み、溝を埋めていくのが我々の仕事。

我々への評価もまた変わりつつあり、プロの判断の理解されてきた。

先生の考え方が変わるのは、当然のこと。

それに充分応えられるコンサルを目指して、頑張りましょう。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.