エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

譲り受け希望の先生からやんやの催促だが、運次第の要素も!

投稿日:

ある先生から電話、厳しい口調で「紹介してもらえないんですか?」

確かに事務所所在地での承継案件は、この一年出ていない。

こうなると、「譲り受け希望」で登録された件の先生には連絡できず。

登録されるときに、地域での案件がなければ、連絡はしないと話してある。

「案件があるのに、自分には話が来ない」と疑心暗鬼になっているのかも。

承継者を探している先生から連絡があれば、直ちにその条件をチェックする。

最初に、登録者から最適と思われる候補者を一人(法人)選び出す。

譲り受け希望の法人・個人は多いのだが、候補者を絞り出すのは一苦労。

その要件のひとつが会計ソフトで、同じソフトを要求する先生は多い。

使い慣れたソフトをであれば、引き継がれる職員の負担も少なくて済む。

自分が引退しても、職員には精神的な負担も負わせたくないのだ。

また、承継される事務所の規模も、譲り受け事務所を決める大きな要因。

小が大を承継できるのか、この点も譲り受け希望者は慎重に判断する。

実際に、このような事例があったが、小だった事務所も今は大に。

何故、小が大を引き継げたのか、それは経営者の資質の問題。

そこには公式はない。

そこで、経営者として伸びる人物かどうかも、見させてもらっている。

つまり、承継後、事務所を伸ばせない経営者では候補失格。

承継された事務所の職員たちも、働きづらくなるのでは意味がない。

もちろん、事務所経営は慈善事業ではないから、早々甘いものではない。

コストが吸収できなければ、事業承継そのものは失敗に終わる。

そのためにも、プラットフォームを獲得し、そこからジャンプする。

それが出来る経営者こそが、譲り受け適格者となっているわけだ。

そう、登録すれば、案件が来るということにはなりません。

そこには運も大きく反映します。じっとお待ちいただくことも!

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.