エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

親類縁者でも承継は難しく、結果は独立も!

投稿日:

税理士事務所に、所長の後継者として入所した若手税理士からの電話。

入所までは所長からしつこいくらいに「後継者として来てくれ」と言われ続けた。

そこで3年前に、後継者ならば決心し、職員6人ほどの事務所に入った。

担当も決められ、日々顧客回りなどこなし、古手の職員からも評価をされていた。

お客さんからも信頼を得て、新たな顧問先も紹介されるようにもなった。

後継者としてやるべきことはやってきたのだが、所長から後継者の話が出なくなった。

最近になって、所長から、「後継者は親戚の者が試験に受かったので、見直す」と言われた。

突然の話にびっくりするやら、あきれるやらで、対応に苦慮した結果の電話。

電話を受けた弊社担当者も、よくある話とは思ったが、そう簡単に答えは出せない。

いろいろ話をしたが、そんな所長の下で働き続けられないと、退職を決意。

損害賠償などを請求しても、口約束でも違反を認めないだろうし、払う気もないだろう。

親戚の者が試験に受かったというのも口実で、後継者を認めたくなかったのが本音かも。

長年築いてきた事務所を他人に渡す気になれなかったので、そんなウソを言ったのではないか。

電話の若手税理士は、退職後事務所のある地方都市から都会の税理士法人に移籍。

噂では、”うそつき税理士”の事務所には、親類の税理士は入っていないという。

また、実際に親戚の税理士が入所。並み居る古手職員を飛び越して、副所長とした事例もある。

職員たちより仕事はできないものの、税理士の看板を背負い、プライドだけは高い。

所長のバックがあるから、物言いも居丈高で、職員の評価は最悪。

そうこうするうちに相性のいい職員だけを引き連れて、飲みに行くことも増えた。

仕事もまともにできない副所長に、職員たちの間で不平が出るようになる。

対応に苦慮した所長も態度を改めるように言うが、親類ということで甘くなってしまう。

そのうち、増長することが激しくなってきたので、職員たちは所長に詰め寄った。

副所長を辞めさせるか、自分たちが辞めるかどっちを決めてもらいたいと。

結果、所長は職員の言い分を取り、副所長を辞めさせることにした。

こうなると、連れ立って飲み歩いていた職員たちは、事務所内で立場が悪くなった。

なんと自分たちの担当先をもっていき、その副所長を頭にした事務所を造ってしまった。

事務所にとっては大打撃だが、去る者は負わず、残った職員たちと今も事務所を継続。

そう、親類縁者だからといって、そう簡単に事務所を引き継げるわけではないのです。

事務所にはそれぞれ独特の風土・歴史がありますから、それを無視すれば、うまくいきません。

親子でも喧嘩別れする事例があります。

後継者を育てる苦労するより、すっぱりと他人に引き渡す方がいいのかもしれませんね。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.