エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

記帳代行主流の税理士事務所は、この先生き残れるのか?

投稿日:

数人の大規模事務所の所長さんと話し合いました。

売り上げ10億円を越える事務所の経営者ですから、この先が不安。

コンサルティングの占めるウエートは、10%には及ばないといいます。

コンサルも専門家がいなければ、一事務所では対応できません。

売り上げ10億円事務所では、コンサルも何でも対応できるとはいきません。

となると、その売り上げの主流は、果たして、記帳代行のお客さんから。

医療関係で堅実な売り上げを維持する事務所も、記帳代行があるから。

クリニックで経理を担当するのが、ほとんど院長の奥さん。

毎日、業務が終了してから、奥さんが帳簿を付けるかといえば、答えは?

週間か、月間で、税理士事務所の担当者に資料を渡すのが普通。

その資料をもとに帳簿作成が行われるわけで、それが顧問料の元。

クリニックの税務は実は簡単、それは税理士であれば誰もが知っている。

とはいえ、時間的な制約もあるので、クリニックは敬遠する先生も多い。

同時に、同じ゛先生゛でも、医者の方が偉いとの思いで、敬遠する人も。

しかし、この記帳代行が主な仕事のクリニックをのがう必要はない。

同じような業種を多く抱える事務所であれば、記帳代行万々歳。

記帳代行だけの事務所は、数年後にはなくなるという考えもある。

本当にそうだろうか?

確かに乱立するクリニックも減少し、お客も減るだろう。

それこそ生き残った残存者が、実は勝利者になる構図が見えてくる。

飛躍しますが、悲観論の先生は勤務の道を探すのも良いかもしれません。

勝負はまだまだ先のことではないでしょうか。

常に経営の道筋を考えていれば、生き残れるでしょう。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.