エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

番頭さんが承継の際に辞めるのは 、どうして?

投稿日:

高齢の税理士が引退に際し、番頭さんにその決意を伝えます。

誰よりも自分に話してくれたことに、番頭さんも満足しているはず。

そんな思いを胸に、承継候補者とのテーブルにつき、話は順調に。

事業を承継する税理士としては、番頭さんはなくてはならない存在。

渡す先生も、番頭さんが一番重要であることを、しつこいほど強調。

重要な顧問先を担当させ、それゆえ、給料も誰よりも高給を与えている。

それだけに、番頭さんがいなくなると、事務所は立ち居かなくなることもある。

引き受け手としては、先生の番頭は辞めないという話を信じるしかない。

しかし、交渉中に番頭さんは辞めるとの決意を告げたという。

それに慌てた先生は、自分の顧問として雇うという奇手を編み出した。

彼がいれば、業務はスムーズに展開すると考えたという。

しかし、業務の引き継ぎの終わらないうちに、番頭は事務所を去った。

その結果、彼の担当していた顧問先からの契約解除の通知が舞い込む。

お客は持っていかないという誓約は、見事に破られた。

番頭と顧客との関係に、先生が立ち入る隙はなくなっていたわけだ。

お客さんは税理士法など分からないから、番頭を支持するのは当然のこと。

そうさせた先生が一番悪いわけで、ここまで来たら先生の負け。

裁判に訴え、時間とお金をかけても、その見返りは果たしていかに?

こんな状況を作ってしまった先生は、非常に悲しい思いだろう。

でも、職員の日頃の行動などを把握できなかったこと、監督不行き届き。

事業承継の大舞台で、こんな悲劇が起きないようにしたいものです。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.