エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

勤務税理士への事業承継、なかなか難しいですね!

投稿日:

勤務してから30年以上、本当に尽くしてくれているのだが、独立しないんだよ。

多くの税理士を輩出した先生の言葉です。

残った勤務税理士への評価は、もちろん高く、その人なしでは税務処理はできない状態。

高齢になり、事業承継したいのだが、勤務税理士がうんと言ってくれないという。

よくよく聞いてみると、先生自らが引退しようとする考えはほとんどない。

男の平均寿命を超えて、今でも顧問先のコンサルなどをやっているので、辞められないという。

税務は、30年以上勤務する税理士がすべてを責任をもって、こなしている。

署名をするのは、個人事務所だから、所長。

所長曰く、自分が辞めてしまったら、顧問先はなくなってしまう。

私がいるから、顧問先の信頼して、付き合ってくれているんだ。

果たして、そうだろうか?

これまでに110件を超える事業承継のお手伝いをしてきて、その言葉には疑問がある。

実際には、先生が辞めても、事務所の担当者が辞めなければ、顧客は残ります。

先生の思いに棹をさすようですが、実際には思っている以上に顧客はクールです。

これまでのサービスが変わらなければ、それで満足するのです。

でも、勤務税理士の対する所長の評価が、まず変わらなければいけないでしょう。

独立したいと言わないのは、事務所を承継することができると考えているからでは?

それを素直に認めることこそ、勤務税理士にバトンタッチできることではないでしょうか。

勤務税理士も、変な打算は止めて、素直に事務所を引き継がせてくださいというべきでしょう。

いかがですか?お金の話はその次の話でしょう。

非常に抽象的な話ですが、読む人が読めば、俺の話だと分かるはず。

こんなことをブログで書いていいのでしょうかね?

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.