エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

自分は、税理士事務所の仕事に向いているのだろう?

投稿日:

誰もが自分の仕事に満足し、これ以上自分に合っている仕事はないと考えているだろうか?

常に受け身の税理士事務所の業務、過去の数値をまとめて、顧問先に報告する。

その報告を生かしてくれる企業であれば、受け身の仕事にも積極姿勢も生じてくる。

つまり、会計人として、様々な経営数値を分析し、顧客の経営の指針を提供できることになる。

もちろん、会計人がその数値の分析ができなければ、宝の持ち腐れとなるのと当然のこと。

この数値を、顧問先の業界での数値と比較して、顧問先の経営指標として分析できるかどうか。

同時に、その数値をもとに先生が説明し、顧問先の社長の経営を指導できるかどうか。

様々な要望がある中で、そんなことは、必要ありません。

月次の経営数値をまとめますが、その評価は社長に任せます。

社長の個人的な相談に乗り、満足な解決策を考えるだけの能力はありません。

どうでしょう。そんな答えしか出せないのであれば、多分向かないのでしょうね。

税法だけは誰にも負けないほど正確に理解し、実務でも対応できると主張します。

でも、お客さんの要望を日頃の月次決算等で把握していなければ、仕事になりません。

税理士事務所の職員として、数字だけでは、お客さんの要望には満足に答えれらません。

本当に気付かに様な心遣いができるかどうか、それこそ向くか向かないかの、境界でしょうね。

誰もが税理士事務所の仕事に向いているとは、考えてはいないかもしれません。

でも、仕事はあります。この仕事を向いているか否かで考えるのは、いかがなものでしょうね。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.