エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

「私がいなくなったら、顧問先はすぐにもほかに移ってしまうでしょう」

投稿日:

税理士事務所は、所長が開拓した顧問先とのつながりで持っています。

よく言われるのが、事務所の職員は営業できない。

税理士として事務所を構え、始めはお客さんはゼロ。

その後数十年、自分が開拓したお客さんとともに、事務所も現在の状態に成長できた。

事務所にはこれまでの数十年の思いが詰まっているし、だれにも渡したくない。

本音でそう思っても、子供も資格がなく後を継げないし、後継者を育てることもできなかった。

こうなると、自分が辞めて、事務所を閉めるのは簡単なことと思ってはいた。

しかし、自分の数十年の歴史とお客さんのことを考えると、そんな簡単なことではない。

後継者を探してくれるように依頼はするけれども、果たして満足できるだろうか。

ほとんどの税理士さんが、自分の後釜を紹介されて、そのまま納得する人はいない。

やはり、自分の事務所を継げるのは、自分の眼鏡に適った税理士だと思っているはず。

でも、後継者になるはずの税理士が、先生の思い通りに動くものだろうか。

多分、双方が思っているような動きができないだろうことは、十分推察できる。

後継者を探す立場からは、見つかった対象者には厳しい質問はご法度。

後継者のなすがままにしておいたほうが、お客さんは喜びます。

先生がいなくなっても、後継者がそれなりの対応をすれば、それでお客さんも満足します。

そんなに先生が後のことを考えないほうがいいように思いますが、どうでしょう。

事業承継支援室長
大滝二三男

5月27,28日、東京と名古屋でセミナーを行います。どうか、ご登録ください。

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.