エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

家族従業員のけじめ?なかなかできないことですね。

投稿日:

多くの個人事務所で、税理士の家族が働いています。

本当に都合のいい専従者給与と言うシステムに、胡坐をかいている人も少なくありません。

しかし、事業承継や経営統合で経営の効率化を図ろうとするときには、これが弱点になります。

当然、個人事務所の経営者として、頭では理解していても、いざきっちとした対応を、となると大変です。

まず、専従者や家族従業員の理解を求めなければなりません。

一般の従業員よりも給与が高いのが”常識”ですから、まずこれを一般のレベルに下げる必要があります。

仕事の内容はともかく、給料を下げられるとなると、”抵抗”するのはこれまた当たり前。

先生の説得次第では、経営統合などの話もと頓挫する例も出てきます。

”お父さんが言うのもわかるけど、もともと給料が安いのだから、下げないでよ”

こんなことを言う家族も出てくるようですが、その給与は果たして仕事の内容を反映しているのでしょうか。

そう、これは水掛け論に似たやり取りとなります。

結局、先生個人の意見を押し通せば、家族もそれに従うことになります。

高齢の先生で、後継者がいなければ、事業承継をするしか、家族従業員も仕事を失う羽目になる。

それが見えているのだが、その時間はなるべく遅いほうがいいと、抵抗もするわけです。

しかし、時間がかかればかかるほど、事務所のお客さんは減っていきます

本当に事業承継の決断をするのは難しいことですね。

家族が一緒に働いていなければ、結論も早いのですが、いかがでしょう。

後継者がいない中小零細企業経営者と、同じ局面に立たされている先生も少なくないのです。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.