エヌピー通信社だからできる会計事務所のための事業承継サービス

エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室

ご相談随時受付中

事業承継ホットライン(通話料無料!!)

TEL:0120-800-058 FAX:0120-813-366

未分類

ニセ税理士が逮捕されましたね。数年間の収入は数億円!!

投稿日:

税理士事務所に勤めていた人にとって、税務申告書を作成するのは簡単な作業。

お客さんには会計事務所の担当者が税理士かどうかは、わかりません。

日頃の話は、「先生、今月はきつかった。赤字だよ」といったものでしょうか。

でも、税理士事務所の職員は税理士でないことがほとんど。

それでも、関与先の社長は担当者に「先生」と話しかけます。

これが、実はニセ税理士を世にはばからせる、一つの要素です。

いまから、20数年前でしょうか。

国税OB の税理士と懇意であった元税理士事務所職員の話です。

この人の実兄が国税局で出世し、その関係で国税局の幹部とも付き合いがあった。

それをいいことに、税理士事務所を首になった後も、顧問先の決算や申告を行っていた。

判子を捺していたのは国税OB で、被害に遭ったのは、そのOBが署長をしていた納税者。

税金の面では、OB税理士の顔で余分な税金は抑えられたのだが、

その元税理士事務所の職員は、飲食費などの交際費をすべて払わせていた。

払わせた方もそうだが、払った方もいかがなものか。

税務署の元署長、現役の時も日頃から””いい付き合い”をしていた。

そのため、元税務署長の税理士も、事務所担当者に”文句”を言えず。

実は、元税理士事務所の職員の作成していた申告書は、3年間まるで同じ内容の申告書。

後からそれが分かったOB税理士の言うことには、「あいつ、3年間も同じ申告書を出していたんだ」

「おいおい、待てよ。あなたが判子をしたんでしょう。」まるで、このOB税理士は罪の意識なし。

税務署長を最後に退官し、顧客を斡旋してもらった税理士が、実はニセ税理士の片棒を。

今から、訴追することは不可能だが、ニセ税理士を追放できるかどうかは、税務署次第。

メクラ判を捺している税理士の多くが、実はOB税理士ということを知っているはず。

でも、弊社ではこのような税理士を紹介してほしいという声には、すべて拒否しています。

遵法でなければ、税理士の先生方を守ることはできません。

ニセ税理士が逮捕されたというニュースに、当然でしょうと言うのが、当支援室のコメント。

お父さんを亡くし、税理士のいないままに税理士事務所(会計事務所)を続けている皆さん!!

精神的にもきついでしょう。税理士法の束縛を自らを開放し、身軽になることをお勧めします。

事業承継支援室長
大滝二三男

  • この記事を書いた人

大滝二三男

事業承継・M&A支援室長

-未分類

Copyright© エヌピー通信社 事業承継・M&A支援室 , 2020 All Rights Reserved.